採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 工事ルート担当

工事ルート担当

2017年入社

工事ルート担当

職人としての成功は得られなかったけれど、
職人さんに信頼される仕事は、できそうだ。

甘ったれたことはもう言わない。

前職の床職人は親戚の独立を手伝う形で始めましたし、その前に営業職として働いたのは友人の父親の会社でした。そういう意味では当社は、自分の人生としては初めて「公募」に応じる形で応募し、入社した会社。インテリア資材・製品のメーカーでありながら自社で工事の施工部門を抱えており、それなら自分の経験が活かせそう、と思ったのが志望動機でした。そんな私が出鼻をくじかれたのは、初めて施工現場に足を踏み入れた時のこと。「職人の経験があります」と自己紹介したところ、職人さんたちから「自分からハードル上げちゃって」と笑われて、ハッとしました。「職人として通用しなかった自分が、偉そうに何を言っているのだろう」と、猛省しました。前職までは甘えられる環境だった、と気づかされましたし、それ以降は「甘ったれたことは言わない」と決意するきっかけになった体験でした。

商社と工事会社の機能を提供。

私の現在の仕事をわかりやすく表現するなら、「営業と施工管理の中間」ということになるでしょうか。主なお客様は大手をはじめとしたゼネコン各社で、企業のオフィスや店舗などの商業施設の床部分を中心とした内装工事をご依頼いただいています。つまり当社からは床材などの建設資材を提供する商社機能と、それを施工する工事会社としての機能をご利用いただいている、ということになります。私に課せられたミッションは、建設資材を納期までに確実に現場へ納品することと、工事の品質を高度に保つこと。それを実現することでお客様からの満足をいただき、次のご依頼へとつなげることで、営業目標の達成を目指すため、職人さんたちをはじめたくさんの人たちと日々コミュニケーションを取っています。

かわいがられている、と思う。

前職の床職人としては成功できなかったという挫折は味わいましたが、今はその分、自分が発注する工事を職人さんたちに気持ちよく担当していただけるようにすることに全力を注いでいますし、それが自分自身のモチベーションにもなっています。私たちは職人さんたちに工事の施工を発注する側ではありますが、職人さんたちに「受けていただいている」というスタンスでいるよう心がけるのは大前提。職人さんの多くは私よりも年上の方なので、施工現場ではよくイジられたりもしますが、私は「かわいがってもらっている」と受け止めています。職人さんたちから食事に誘われたり、忘年会の温泉旅行に連れていってもらったりもするので、「かわいがられている」のだと信じています(笑)。そんなコミュニケーションを通じて、「あなたの工事ならやってやる」と、無理を聞いていただけることもしばしばです。

共感できる人と、働きたい。

今の仕事をしていて思うのは、たとえば新卒で入社した人がすぐにできる仕事かというと、なかなか難しいのではないか、ということです。おそらくは私のように床職人の経験があるとか、内装工事の施工管理を経験したことがある人でないと、即戦力としては難しいと思います。言い換えれば、職人や施工管理の経験を活かしながら、営業職に挑戦してみたい、という人にとっては面白い仕事ではないか、とも思います。私が今の仕事を面白いと感じるのは、これまでの経験を活かしながら、たくさんの人とのコミュニケーションを取ることによって成果が目に見える数字として現れるから、です。そんなモチベーションのある人は決して多くはないかもしれませんが、共感できる人となら一緒に働いてみたいですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加